【2019秋冬アイメイク】CAN MAKEで作るスモーキーアイ&おすすめアイシャドー

gigi
gigi

2019秋冬のトレンド「スモーキーアイ」。
CAN MAKEのアイシャドーを使えば簡単に作れます!CANMAKE大好きなgigiがおすすめのアイシャドーとその使い方をご紹介しますね。

 

「かわいく、たのしく、輝きたい!」そんな女の子の背中をそっと押してくれる「CANMAKE」

プチプラの中でもとにかく種類が豊富で、パッケージも可愛く、質も良いのがCANMAKEコスメの魅力。

そして何を隠そう、アイシャドウ好きのわたし、手持ちのアイシャドウの約5割がCANMAKEです!

今回はそんな愛してやまない「CANMAKE」のマストアイシャドウを使ったメイクや、秋冬トレンドの「スモーキーアイ」メイクにも挑戦してみました。

gigiのスペック
パーソナルカラー:イエベ春・2ndイエベ秋
・アイシャドウオタク
パーソナルカラー診断は以前「ETUDE HOUSE」で受けてきました↓

CANMAKEのマストアイシャドウ

CANMAKEアイシャドウの中でも人気が高いのがこの2つ。

パーフェクトマルチアイズ03「アンティークテラコッタ」

「パーフェクトマルチアイズ」は、これ1つでアイシャドウ・アイブロウ・アイラインまで完成させることができる、まさに”パーフェクト”で”マルチ”なパレット。

プチプラコスメには珍しいマットアイシャドウで、メイクが長持ちする撥水加工オイルも配合。まぶたにしっかりフィットします。


出典:CHANEL.com

CHANELのアイシャドウパレット「レ キャトル オンブル」268(通称、赤キャトル)とカラーが似ているということから、「ジェネリック赤キャトル」とも言われています。

キャトルと比べるのは野暮ですが、780円でこのクオリティはさすがCANMAKE。じつはわたしもパーフェクトマルチアイズ03を愛用しており、お気に入りコスメのうちの1つです。

スウォッチ

03番のメインカラーは淡いブラウン。

アクセントのレッドは深みがあるので年齢を問わず使えるパレットです。特にイエベ秋向き。

ほんのりとした発色で優しい雰囲気に仕上がります。

馴染みの良いベージュカラーのベースにメインのキャメルカラーをのせ、黒目の上から目尻にかけてアクセントカラーのレッドを入れました。

もちろん5色全てをアイシャドウとして使ってもOK。わたしはベースとメインカラーをアイホール全体に入れ、上からアイブロウのカラーをのせることが多いです。

ナチュラルメイクの日にはベースとメイン、アイラインのみで完成させるときも。これだけでもしっかり陰影をつけたアイメイクになりますよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@ggonekimがシェアした投稿

女優のキム・ゴウンちゃんに憧れて。

カラーアイメイクが好きなわたしですが、ドラマで見た彼女のナチュラルメイクがすごく可愛くて、手持ちの03番で真似したのがきっかけでベースとメインをよく使うようになりました。

肌馴染みの良いベースカラーがほんのりハイライトになり、メインカラーをグラデーションで入れることによって目に陰影をつけることができます。

パーフェクトスタイリストアイズ03は持っておいて損はないパレット

アイシャドウ・アイブロウ・アイラインをこれ1つだけで完成させることができるパーフェクトマルチアイズは、旅行用や持ち歩きコスメとしても最適。持っておいて損はないアイシャドウパレットです。

捨て色はありませんが、イエベ春のわたしは赤をがっつり入れてしまうと午後にはうっかり歌舞伎のようになってしまうので、ほんのり入れるか、下まぶたのキワに入れると午後になってもちょうどいい仕上がりになります。

パーフェクトスタイリストアイズ14「アンティークルビー」

TwitterやInstagramでも良く見かけるのが「パーフェクトスタイリストアイズ14」

スウォッチ

ピンクがメインの14番は可愛さをぎゅっと詰め込んだようなパレット。パーフェクトスタイリストアイズはメインカラーが2色あるので、ピンクとラズベリー、両方を使ってそれぞれメイクをしてみました。

メインカラーBのピンクは甘めメイクに

メインカラーBのピンクを使うと優しい雰囲気の甘めメイクになりました。

ベースの上からメインカラーBのピンクをグラデーションに入れ、パープルでアイライン。涙袋ラインにはトッピングジュエルを使いました。

ポイントは跳ね上げ気味に入れたパープルアイライン。パープルで締めることで甘すぎないメイクになります。

メインカラーCのラズベリーは大人っぽく

メインカラーCのラズベリーカラーは、Bのピンクと比べると落ち着いた色味で大人っぽく仕上がります。

ベースの上からメインカラーCのラズベリーカラーをグラデーション、同じくパープルでアイライン、涙袋ラインにトッピングジュエルを引きました。

カラーメイクの幅が広がる「パーフェクトスタイリストアイズ14」

パーフェクトスタイリストアイズ14は、1色1色に個性があるカラーパレットです。

その日の気分によってメインカラーを変えたり、単色で使ってみたり。色んな使い方ができる14番は1つ持っておくとカラーメイクの幅がグッと広がります。トッピングジュエルのラメは涙袋推奨ですが、黒目の上にポンポンとのせるのもおすすめの使い方。

CANMAKEアイシャドウを使って「スモーキーアイ」メイクに挑戦

秋冬は暗色がメインになることも多いですが、今年はより暗めの「黒」や「グレー」、そしてこんがり焼き上げたような「ベイクドカラー」が流行の兆し。なんといっても2019年秋冬のトレンドは

「スモーキーアイ」


海外セレブのメイクもスモーキーアイに。

黒を使ったメイクというと少し抵抗があるという方もいらっしゃるかもしれません。そこで今回は「CANMAKE」のアイシャドウを使って強すぎないスモーキーアイメイクに挑戦してみました。

パーフェクトスタイリストアイズ18「ビタースウィートメモリー」

CANMAKEアイシャドウの中でも、スモーキーアイメイクをつくるのにぴったりなのが「パーフェクトスタイリストアイズ18」。2019年秋の新作カラーであり、今回の大本命パレットです。

スウォッチ

18番は全体的に深みのあるカラー。淡いグレーのベースに、メインはくすみレッドとグレー。アイラインは深みのあるブラウン、アクセントのラメもほんのりグレーがかったカラーです。

グレーが入ったパレットですが、イエベ・ブルベ関係なく使える色味だと思います。

これ1つで簡単にスモーキーアイが完成

今回はスモーキーアイメイクということで、より深みのあるアイラインのブラウンをメインに使ってメイクしてみました。

ベースの上からメインカラーBをグラデーションに入れ、グレーカラーで陰影をつけます。アイラインの深みブラウンを黒目の上あたりから目尻、下まぶたのキワまで囲むように入れ、メインカラーCの深みレッドを重ねてキツすぎないスモーキーアイにしてみました。

18番は秋冬のトレンドがぎゅっと詰まったパレットです。絶妙なくすみカラーで、どんな組み合わせでもスモーキーメイクをつくれる優れもの。秋冬に重宝するアイシャドウです。

パーフェクトスタイリストアイズ07「ガトーフランボワーズ」

「パーフェクトスタイリストアイズ07」はピンクとグレーがかったブラウンが可愛らしいパレット。

スウォッチ

メインカラーBの淡いブラウンをメインにすると大人っぽく、Cのピンクをメインにすると可愛らしい印象になります。ラメが入った明るいピンクが本当に可愛い!普段使いもしやすいパレットです。イエベ、ブルベを問わないカラーだと思います。どちらかというとライトの方に合うかもしれません。

ミステリアスなスモーキーアイへ

メインはアイラインカラーの濃いブラウン。キラキラで魅せるスモーキーアイに。

ベースの上からメインカラーBのブラウンをグラデーションに。アイラインの濃いブラウンをオーバー気味に入れ、そのまま下まぶたのキワまで囲み、ピンクを重ねてみました。トッピングジュエルを黒目の上にのせて完成です。

メインカラーBの淡いブラウンがほんのりグレーがかったカラーなので、重ねることでスモーキーな印象に見せることができました。ポイントは黒目の上にポンポンと乗せたトッピングジュエル。まばたきをする度にキラッと光るラメがミステリアスさも演出してくれます。明るいピンクもアイラインの上から重ねることで深みのあるカラーになりました。

パーフェクトスタイリストアイズ16「ダブルサンシャイン」

元気いっぱいに見せてくれるヘルシーカラーな「パーフェクトスタイリストアイズ16」はオレンジブラウンがメイン。イエベ向きのパレットです。

スウォッチ

16番は”ダブルサンシャイン”という名前の通り、ゴールドラメのキラキラがキレイなパレット。

全体的に淡い色味なのかな…と思いきや、メインカラーBとアイラインが予想以上に深みのあるカラーで、陰影がつけやすい組み合わせでした。

キツすぎない大人のスモーキーアイ

メインカラーBとアイラインの濃いブラウンを重ねることで優しい雰囲気のスモーキーアイに。

ベースの上からメインカラーBのブロンズカラーをグラデーションに入れ、アイラインの濃いブラウンを黒目の上あたりから目尻、下まぶたのキワまで囲みました。涙袋ラインにはメインカラーCのオレンジで明るさをプラス。

メインカラーBが深みのあるブロンズカラーなので、濃いブラウンを重ねることでキツすぎないスモーキーアイに仕上がりました。黒が苦手な方にもおすすめのパレットです。

パーフェクトマルチアイズ04「クラシックピンク」

最初にご紹介したパーフェクトスタイリストアイズシリーズ。03がイエベ向きだとすると、04はブルベ向きのパレットです。

スウォッチ

深みピンクがベースな04番は、グレーとココアブラウンが目元に深みを与えてくれるカラー展開。03番と比べると発色が良く、くすんだ色味なのが特徴です。

マットで深みのあるスモーキーアイに

発色の良い04番はココアブラウンなスモーキーアイに。

ベースの上からメインカラーをグラデーションに。アイラインの濃いブラウンをオーバー気味に入れ、そのまま下まぶたのキワまで囲みました。涙袋ラインにはアクセントカラーのくすみピンクを入れて柔らかさをプラス。

メインカラーのグレーに濃いブラウンを重ねることで、深みのあるブラウンスモーキーになりました。黒で囲むスモーキーアイが苦手な方におすすめです。

よりスモーキーアイになれる「黒」アイシャドウベース

よりスモーキーアイに仕上げたいというときに便利なアイテムが「アイシャドウベース」のブラックヴェール。

2018年の発売当初はSNS上でも話題になっていたので気になってはいたのですが、なんといっても「黒」がダーティカラーなイエベ春。わたしには似合わないかな…と思って購入はしていませんでした。

が、もしかして今期のトレンドにはぴったりなのでは!と思い、試しに購入してみたらなんと

正解コスメでした。

見た目が真っ黒なのでつけた感じも真っ黒を想像していたのですが、伸ばすとダークグレーになります。

体温で溶ける滑らかな質感。軽めなクリームアイシャドウのようなテクスチャーです。伸びも良く、まぶたにぴったりフィットします。

スウォッチ

1回~3回まで重ね塗りしてみるとこんな感じに。

実際にアイホールにつけてみるとこんな感じです。想像していたよりも淡い発色なので浮くこともなく、肌に馴染んでくれました。

上記でご紹介したアイシャドウも、黒ベースの上からつけて比べてみました↓

パーフェクトスタイリストアイズ18

黒ベースありとなしで比べてみるとこんな感じ。

ほんのり深みのあるカラーになります。実際にメイクしてみると

こんな感じに。ベースありなしで比べてみると

黒ベースを仕込むことでより暗く、深みのある仕上がりになりました。

パーフェクトスタイリストアイズ07

可愛らしい印象の07番も、黒ベースを仕込むと一気に落ち着いた雰囲気に。

黒ベースなしでも深みのあるメイクになりましたが、ベースを仕込むことでより深みのあるスモーキーアイになります。

パーフェクトスタイリストアイズ16

ヘルシーカラーな16番、黒ベースありだとかなり印象が変わります。

夏にぴったりな16番も、黒ベースを仕込むことによって秋らしいカラーになりました。

パーフェクトマルチアイズ04

パーフェクトマルチアイズ04は元が深みのある色味でしたが、黒ベースを仕込むことでより深いスモーキーなカラーに。

より濃いブラウンになるため、目元もしっかりとした印象に。他のポイントメイクを控えめにするとバランスが取れます。

黒ベースはマストではないけれど、あるとかなり便利な下地

黒ベースは、上からのせるアイシャドウのニュアンスを変えられることがわかりました。

スモーキーアイをつくるためだけではなく、手持ちのアイシャドウが明るすぎて困っている方にもおすすめ。黒ベースを仕込むことで、明るいカラーのニュアンスも変えることができます。秋冬にも大活躍してくれそうです。

@canmake_koreaもチェック

CANMAKEのアイシャドウはとにかくカラーバリエーションが豊富。店頭で並んでいるのを見ているだけでもウキウキします。最近では更に韓国版Instagram(@canmake_korea)もチェック。

 

この投稿をInstagramで見る

 

캔메이크さん(@canmake_korea)がシェアした投稿

アイシャドウよりチークの紹介が多いのですが、日本では取り入れられていない色の組み合わせは本当に参考になることばかり。イエローチーク×ローズチークって…!

CANMAKEコスメを使った韓国風メイクもすごく可愛いので、見ているだけでもたくさんのことが得られます。

国内外問わず愛されているCANMAKEコスメ。これからも楽しみです!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました